smagch tumblr blog

きっと日本語でも、ブログし始めます。

Ohotech特盛り#5での初北見体験のメモ

前置き

さて、僕は今、旭川市に住んでいます。 北見には行ったことがありません。昔、バイクで北海道を半周した時に、通ったかもしれませんが、憶えていません。そんな僕ですが、2013年の10月26日に北見へ行きました。

北見へ

何故、北見へ行ったのか? Ohotech特盛り#5に参加するためです。

北見に着いたらまず、みんコワ様を見学しました。

その後、ホテル黒部にて、塩焼きそばを喰らいました。この昼食は、Ohotech特盛り#5の事前昼食会であり、北見のOhotechのメンバーや、札幌の方々と初めて顔を合わせました。

まず、北見を目にした僕が感じたこと。 それは、北見信金ビルの存在感です。

その次に感じたこと。 無料駐車場が駅裏にあるなんて、便利だなぁ・・・。

北見の朝

さて、話が飛んで翌日の27日です。この日は観光をしてから、旭川へ帰る予定でした。ところが、車で一緒に来ている2人は、観光する時間がもったいないと言いました。

僕は旅が好きです。タイにバックパッカーで1ヶ月放浪したこともありますし、お金がないのにヨーロッパの方を彷徨い歩いたり、お金がなくて(安い)宿が見つからず、スコットランドのグラスゴーで一晩ずっと野外を彷徨い歩いた経験もあります。

旅をするということは、そのマチを見て知りたいからです。少ない時間ですが、僕はまだまだ北見を知りたいと思いました。

旭川と北見間の移動手段は、僕の車での乗り合わせ。なので、こういった時の主導権は僕に帰するという自然の理が働き、幸い午前中に少し北見の見どころを見ていくという流れになりました。

まず向かったのが、北見ハッカ記念館です。

僕は、北見が以前は世界薄荷市場の約70%を占める近代産業の輝かしい歴史については、全く知識がありませんでした。薄荷羊羹を買いました。

その後に向かったのが、ピアソン記念館です。

ここも、全く前知識なしで入りました。お雇い外国人かな、と予想しましたが、ピアソン夫妻は宣教師なのでした。ここでは、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築マップを購入。

北見インプレッション & まとめ

北見ハッカ記念館ピアソン記念館、北見市民の誇りだと思います。行ったことない方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、この記事は北見 Advent Calendar 2013の13日の投稿として書いたものなのでした。おわり。

test